MENU

カードローンの返済期間はどのようにして決まる?

【カードローンの返済方法はリボルビング払いが基本】
カードローンの返済期間を知るためには、カードローンの返済方法を知る必要があります。カードローンは基本的にリボルビング払いという方法を採っています。これは、毎月定額の支払いを続けていくというもので、利用者の負担が少ないというメリットがあります。リボルビング払いでは、最初に毎月の支払額が決まることになり、返済期間はその支払額と全体の融資額によって決まります。利息を入れずに考えるとして、例えば通常は2年間を返済期間とするため、毎月の支払額はいくらになるという計算の方法をしますが、カードローンの場合は、毎月の支払額が2万円となるため、全部返すためには返済期間がこのくらいの期間になります、という決め方がなされるのです。ケースによって返済期間が変化するのがカードローンの特徴です。

【少しでも返済期間を短くする方法】
このように、リボルビング払いは毎月の支払額が少なく負担が少ないというメリットがありますが、その分返済期間が長くなってしまい、トータルで支払う金額が大きくなるというデメリットもあります。そこで、まとめ返済もしくは任意返済をすることが大事になってきます。これは、毎月の決まった支払額にプラスして自分で支払額を上げるというものです。任意返済により返済期間を短縮できるようになります。