MENU

カードローンの用途はなんでもいい?

【事業性の資金には使えないことがほとんど】
カードローンは気軽にいつでも現金を引き出せるローン商品として、とても人気があります。生活上必要となるものであれば、基本的にはどんな用途でも用いることができますので、使い勝手が良いというのも特徴です。ただし、多くのカードローン会社では事業性の資金については利用できないという規則を設けています。事業で使うための機器や仕入れのために充てたり、運転資金としたりすることは禁じられていることが多くなっています。ただし、個人事業者の場合は、事業と生活用資金の利用があいまいになってしまうところもありますので、それほど細かく見られないこともあります。それでもこうした規則を無視してカードローンを利用すると、トラブルの原因となりますので、申し込みをする際にきちんと資金の用途の制限について確認するようにしましょう。

【借り換え用途の場合は会社により異なる】
複数債務の一本化、他社ローンの借り換えという用途の場合は、会社によって対応が異なります。借り換え目的は禁止しているところもあれば、積極的に一本化のためにローンを使ってほしいとするところもあります。借り換えのために活用できれば、とても便利な商品となります。どこが使えるのか使えないのかを事前に考えるようにしましょう。