MENU

カードローンの融資限度額って何?

【融資限度額とは最大で借りられる額のこと】
カードローンの申し込みを行い審査に通ると、カードが送られてきてお金を借りられるという通知が来ます。それと同時に、必ず融資限度額がいくらであるという通知もなされます。この融資限度額とは、最大でいくらまで借りられるかという額のことを指します。しかし、これは通常のローン商品とは違い、融資限度額の範囲内であれば何回でも融資が受けられるということを意味します。通常のローンでは、300万円の融資限度額となっている場合、300万円を借りたらそれでローンの利用は終了することになります。しかし、カードローンの場合は、それと異なったシステムを採っています。300万円の限度内であれば、何回でも借りられるということです。たとえば、最初300万円の融資を受け取り、その後100万円を返すことができたら、その時点でまた100万円を借りることができるようになるのです。300万円という上限内であれば、何回でもいくらでも借りられるというのがカードローンの大きな特徴なのです。


参考サイト⇒カードローン審査119番

【カードローンの融資限度額を引き上げるためには?】
融資限度額は利用者の返済状況や信用状況によって異なります。そのため、申し込み審査の段階で、会社側がいくらかということを決めます。しかし、通常は初めての利用者には厳しく審査をつけるもので、融資限度額も低めに設定します。そのため、きちんと返済を続けていき信用を上げていけば、徐々に融資限度額を引き上げられるようになります。もし、もっと大きな枠にしてほしいと思っているのであれば、毎月確実に支払いを続けることと、最低でも半年はその状態を続けることが重要です。増枠の依頼はあまりに早いと受け付けてもらえませんので、このくらいの期間は待った方がよさそうです。

参考サイト⇒利用限度額:キャッシング、カードローンはSMBCモビット

消費者金融のカードローンの場合は、総量規制という制度が関係しますので、年収の3分の1以上の融資は受けられません。そのため、たとえ長い間カードローンを使いきちんと返済を続けてきたとしても、それ以上の額に広げることはできないのです。もし、年収額がアップしているのであれば、改めてカードローン会社にそのことを通知して、融資限度額を引き上げることができます。もしくは、総量規制の制度が関係ない銀行系のカードローンを利用するという手もあります。融資限度額を引き上げることによって、余裕のある資金繰りができるようになりますので、こうした方法を検討するのも良いでしょう。

参考サイト⇒ードローンのご利用限度額を増やしたい-みずほ銀行